【インド全土21日間ロックダウン】健康のために今できること6選

こんにちは。ひまわりファミリークリニックです。
本日でインド全土外出禁止令5日目/21日中に入りましたね。

このロックダウンをうけ、日本に一時帰国されたインド在住日本人の方も多いと聞きましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
日本に帰国された方々も、インドに残られている方々も感染防止のため日々お気をつけてお過ごしのことかと思います。

ひまわり
ひまわり
本日は健康を維持するために今できること6つを紹介していきます。
基本的なことばかりですが、今一度再認識するためにもぜひお読みください〜!

1日のルーティーンを作ろう

外出禁止中は普段通勤して働いている、学校に通学しているなどのルーティンが決まっている方々にとっては1日のルーティンが崩れてしまう機会になるかもしれません。
通勤、通学の時間がなくなった分は運動や家事、瞑想などにあてて時間を有意義に使いましょう。

ひまわり
ひまわり
1日のルーティンを作り、続けることは健康を維持するため、ロックダウン後の生活のためにも大切なことです。

 

家でできる適度な運動をしよう

買い物などの必要以外の外出が21日間もの間禁止だと、身体を動かす機会が普段よりも減ってしまう方々が多数なのではないでしょうか。

身体を動かさなければ体力は落ち、免疫力は下がってしまいます。
ウイルス感染防止のためにも運動は必要不可欠です!!

ひまわり
ひまわり
今まであまり運動してこなかったな〜というような方々もこの機会にお家でできる運動をしましょう!

1.ヨガをやってみる

ひまわり
ひまわり
B-lifeさんのヨガチャンネルは初心者にも優しいヨガポーズがたくさん紹介されていておすすめです。

 

 

2.フィットネス系ダンスをやってみる

ひまわり
ひまわり
フィットネス系のダンスは難しいステップなどもなく、一定のリズムなので踊りやすいですよ〜!
音楽も付いているので飽きません。

 

 

3.バングラダンスをマスターしてみる

ひまわり
ひまわり
せっかくインドにいるのであれば、インドの風を感じながらバングラダンス(パンジャブ系のダンス)をマスターしてみるのはいかがでしょうか?
これさえマスターして、パンジャブ系の方々に披露すれば絶賛されること間違いなし!

 

 

健康に心がけた食事を心がけよう


家にずっといるため、スナックなどをついつい間食でたくさん食べてしまうなんてこともありますよね。
みなさんご存知の通り、お肌にもお腹にも健康にもスナックなどの取りすぎはよくないので控えめに。

スナックの代わりに、免疫力を高めるフルーツを食べるよう心がけましょう〜!

 

ひまわり
ひまわり
また、日本の食材も手に入りにくい今だからこそ、健康に様々な効能や効果を発揮するスパイスを使った料理に挑戦してみるのもいいですよね!

 

 

社会とのつながりを持とう

  • オンラインでご飯会
  • オンラインでエクササイズ会
  • 家族や友達に電話する、メッセージを送る

などなど、直接的でなくても社会と繋がる方法はたくさんあります。

社会と繋がりが多い方が長生きすると言われている通り、社会と繋がることは健康にも繋がります。

ひまわり
ひまわり
この機会に長らく話していなかった家族や友達に電話してみるのもいいですね!

 

人との距離を置こう(SOCIAL DISTANCING)


ロックダウンになった1番の理由は、人との距離をおくため。

これからも引き続き、特に買い物などに行く際は人との距離は保ちましょう。

ひまわり
ひまわり
いつどこでウイルスに感染するかわからないので、引き続き油断は禁物です。

こまめに手を洗おう

こまめな手洗いは新型コロナウイルス感染拡大防止のための基本です。

  • どこかに触ったとき(ドアノブ、スイッチなどの不特定多数の人が触るところ)
  • 外から帰ってきたとき

などは特に、爪の周囲や指の付け根や手首までしっかりと石鹸で洗いましょう。

ひまわり
ひまわり
手洗いをした後に水道の蛇口を触ってしまっていませんか?
手洗いしたばかりの手では触らずに、肘やタオルなどを使って蛇口を閉じるようにしましょう。

 

もし体調が悪いなと感じたら?

体調が悪い、熱、呼吸困難などのご症状がありましたら104(ヘルスヘルプライン)へお電話いただくか、
お気軽に当院までLINEにてご相談ください。
※LINE対応時間9:00~18:00(全て日本語にて対応させていただきます)

ひまわり
ひまわり
この場合は、病院へ行けるように体制が整うまでは必ず自宅で自主隔離して過ごしましょう。

 

当院は4月14日(火)まで休診をさせていただいておりますが、気になるご症状、服用中のお薬等のご相談はLINEで引き続きサポートをさせて頂いておりますのでお気軽にLINEからお問い合わせください。