【流行中】新型コロナウィルスについて

 

こんにちは!ひまわりファミリークリニックです。

本日は中国を中心に流行している「新型コロナウイルス」についてお話します。

<コロナウイルスとは>
コロナウイルスは、風邪を引き起こす病原体で風邪原因の約15%ほどがこのウイルスです。
重症化しやすいSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)のウイルスもコロナウイルスの1種です。
現在流行している「新型コロナウイルス」は2019年末に中国・武漢で確認されました。

<新型コロナウイルスについて>
新型コロナウイルスは中国・武漢で発生し、現在は日本・アメリカ・韓国・タイ・香港・ベトナム・シンガポールの7カ国まで広がっています。
このウイルスは、重症な肺炎を引き起こす強い感染力を持つ病原体と言われており、日本厚生労働省によると中国での感染者は571人、死者は17人に上っています。感染源の特定、潜伏期間は確定されておらず現在の症例から判断すると約7日間と言われています。ヒトからヒトへの感染は可能であり、咳やくしゃみを通しての飛沫感染が確認されています(1月23日時点)。

<こんな症状には気をつけて!>
新型コロナウイルスは風邪に似た症状が確認されています。
初期症状は、発熱、全身の倦怠感、乾いた咳(空ぜき)といった症状で、
3日から5日後に息切れや、胸が苦しくなる、悪化した場合は呼吸困難に陥る可能性もあります。
すでに重症肺炎を発症したケースが報告されています。

<感染の疑いがある場合>
早急にお近くの病院へ受診しましょう。
現状では新型コロナウイルスに効く薬剤ありません。
治療法は「対症療法」が中心になります。

<予防と対策>
新型コロナウイルスに対するワクチンはありません。
インフルエンザ同様、感染予防対策を積極的に行うことが重要です。
一番の予防方法は「飛沫感染」による感染を遮断することです。
・ マスクの着用
・ 手洗い、うがい
・ アルコール消毒
・ 人混みを避ける

現時点でインド国内での新型コロナウイルスの感染者は確認されていませんが、隣国であるタイ・シンガポールは感染事例が確認されており、今後は海外からインドへ感染が広がる可能性も考えられます。予防と対策をしっかり行い、感染しないよう努めましょう!