【コラム】インド生活で気になるお腹の調子

こんにちは。

ひまわりファミリークリニックです。

 

インドで生活していると、お腹の調子が気になりますよね。

みなさんが、健康にインド生活を過ごしていただけるよう

下痢について、対策・対処法についてまとめました。

 

 

下痢になる原因

・食べ物…強いスパイス、アルコールなど、刺激の強いものは胃にダメージを与えます。

・ウイルスや細菌…食あたり、水あたり、食物性アレルギーなどが原因で起こります。

原因となるウイルスや毒素を体の中から追い出そうとして、下痢が発生します。

・体調…体調が良くない時は胃腸の機能も低下しています。いつもは大丈夫な食材、食事量であっても

消化不良により、下痢を引き起こすことがあります。

特に女性の場合は、生理前や生理中はホルモン量が変化することから下痢になる方も少なくありません・

 

下痢を予防するために

・食事の前は石鹸で手を綺麗に洗いましょう。アルコールや消毒薬で殺菌するのも効果的です。

・外食時は生野菜を避け、火がしっかりとおった料理を食べましょう。

夏場のストリートフードは特に注意が必要です・

・生水はもちろんのこと、氷の入った飲み物は避けましょう。

・歯磨きの時にも水には気をつけましょう。ミネラルウォーターの使用を推奨します。

・日頃から手洗い・うがいを心がけましょう。

 

もし下痢になったら

下痢になると、水分補給に特に気をつけなければなりません。

体内から多量の水分も一緒に排泄されるため、脱水症状を引き起こすことがあるからです。

また、栄養も失われがちになるので、できればスポーツドリンクや経口補水液を摂取すると良いでしょう。

・お粥、うどんや味噌汁などお腹に優しく消化の良いものを食べましょう。

バナナやヨーグルトも良いですが、常温にしてから食べてください。

・自己判断で薬を服用しない。(細菌やウイルスの排出を遅らせ、症状が長引くことがるため)

・下痢症状が激しく、頭痛、吐き気、嘔吐、発熱などの他の症状もある場合、早めに受診しましょう。

 

 

すぐに実践できるものばかりなので

日々の生活に取り入れてみて下さい。